​トトラボ植物療法の学校

 

江戸ハーブ無料セミナー
『大和本草』ってどんな本?

スーパーフード「ゴジベリー」って「枸杞」のこと on Zoom

iStock-s枸杞1090031730.jpg

18世紀初めに出版された貝原益軒の『大和本草』。

「名前は知っているけど何が書いてあるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は『大和本草』で「薬木」に分類されている「枸杞」の文章を見ながら、「『大和本草』ってこんな本です!」とご紹介していきます。

 

近年「スーパーフード」として大注目のゴジベリーはクコの実のこと。

貝原益軒は「その実、紅にして愛すべし」と記しています。

さてさて江戸時代の書物には、他にはどのようなことが書かれているでしょうか?みなさん一緒に覗いてみましょう!

 〔日程〕 4月21日(木) 14:00~15:30

〔講師〕小野薫(江戸ハーブ研究家、JAMHA認定ハーバルプラクティショナー・日本のハーブセラピスト、日本漢方養生学協会認定漢方上級スタイリスト)

〔参加形式〕Zoomでのオンライン

〔参加費〕無料

〔お申し込み〕  

こちらの「お問い合わせ」フォームからお申し込みください。

※件名は「江戸ハーブ無料セミナー」としてください。

※お名前,電話番号,メールアドレスを明記ください。

※お申込み後、ご案内メールをお送りします。

※ご質問などある場合は、問い合わせフォーム にてご連絡ください。

  

iStock-s枸杞1324526870.jpg
枸杞_edited.jpg